2019年 2月 23日 (土)

元少年A「有料ブロマガ」配信が物議 「金儲けさせるな」など批判的な声が圧倒的

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「晩秋の朝、御目覚めいかがですか?」――そんな語りから始まるブログの著者は、神戸連続児童殺傷事件の加害者で「酒鬼薔薇聖斗」こと元少年Aだ。

   少年は2015年に入り、手記「絶歌」(太田出版)の出版、ホームページ「存在の耐えられない透明さ」の開設とにわかに行動を活発化させた。そして、今度は有料のブログ「ブログマガジン」(月額800円)を始めると宣言。自身の知名度を「ビジネス」に生かしているとも捉えられかねない行為が物議を醸している。

  • これは「ビジネス」なのか(画像は元少年Aのブロマガより)
    これは「ビジネス」なのか(画像は元少年Aのブロマガより)

読者と「魂の触角と触角が絡み合うようなやり取り」をしたい

   ブログマガジンのタイトルは「元少年Aの『Q &少年A』」。2015年10月12日付けでFC2ブロマガから「創刊」され、現在のところ一部の内容が無料公開中だ。冒頭、「おはようございます。元少年Aです。晩秋の朝、御目覚めいかがですか?」と語りかけた後、ホームページに寄せられた質問と自身の回答を列挙している。

   また、ホームページではお馴染みとなった「ナメクジ」の絵も所々に登場する。ナメクジの触角の先にある大きな目から涙のような液体が流れている様子や、人間の頭部とナメクジの触角がつながっている様子を描いたものなど、いずれも「不気味」だ。

   元少年Aの説明によると、ブログマガジンの内容は元々ホームページの読者質問コーナーに収まる予定だった。しかし、読者から「真摯な内容のメール」が多く寄せられたため、「元少年Aとよりディープに、魂の触角と触角が絡み合うようなやり取りができるよう、新たに別な場所を設けることにしました」という。ちなみに、次回発行日は10月26日だという。

   元少年Aが手記、ホームページに続いて繰り出した「一手」に、ネットではさまざまな見方がある。

「少年法で守られている内に派手な事件起こしておけば出所後にこれだけ稼げるのか」
「彼に金儲けをさせてはいけない。スターにしてはいけない」

といった厳しい意見が多数を占める一方、

「(元少年Aは)法律上の手続きを踏んで社会復帰している」
「ユーモアやお茶目さもある」

と好意的な声もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中