路上で「チェーンソー」を持ち歩く男性、ただの「ハロウィーン仮装」 熊本県警への通報で発覚

印刷

   2015年10月13日18時50分頃、熊本県熊本市の路上でかぶりものをしてチェーンソーを持った不審な人物が歩いているとの通報が県警に寄せられた。14日付け朝日新聞電子版が報じた。

   報道によると、19時半頃、駆け付けた警察官が同市東区の商業施設周辺で該当の人物を発見。事情聴取したところ、かぶりものは「ハロウィーンの仮装」でチェーンソーもおもちゃだった。事情聴取を受けた20代の男性は商業施設内のテナントでアルバイトをしており、従業員を驚かせるため仮装をしていたという。仮装したままバスに乗って帰宅する途中、通行人に目撃されたようだ。現場周辺は複数のパトカーが出動するなど一時騒然とした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中