2018年 12月 17日 (月)

マクドナルド食べ続け27キロ減量 「ファストフードは健康」米で激論

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   毎日3食マクドナルドのメニューだけを半年間食べて、27キロのダイエットに成功した元高校教師が全米で話題になっている。

   この人はアイオワ州の元理科教師のジョン・シスナさんだ。マック好きから絶賛を浴びる一方、マクドナルドの「ブランド宣伝大使」として、各地の学校で講演して回っていることから、食育の専門家から批判の声が上がっている。

  • ダイエット成功の裏には…(写真はイメージ)
    ダイエット成功の裏には…(写真はイメージ)

映画「スーパーサイズ・ミー」ではドクターストップ

   肥満大国の米国では、ファストフードは糖尿病や心筋梗塞などの健康被害につながるという食育が学校現場で広がっている。特にマクドナルドは、2004年に公開されたドキュメンタリー映画「スーパーサイズ・ミー」で、監督自らマクドナルドのメニューを1日3食30日間食べ続けたらどうなるかを実験、体重が11キロ増えたばかりか、肝臓病や性欲減退、うつ症状にもなり、撮影途中でドクターストップがかかったことでも知られ、批判対象の代表格だ。

   シスナさんは理科の授業の一環として、「本当に体に悪いのか?」とマクドナルドを毎日食べる「実験」を生徒たちと考案、まず3か月食べてみた。すると体重は16キロ減り、さらに延長して計6か月続けた結果、127キロあった体重を100キロに減らした。249あったコレステロール値も正常値の170に落とした。

秘密は、意外にマジな「ダイエットの王道」にあった

   ただし、シスナさんはやみくもにバーガーばかり食べたわけではなく、2つのルールを課していた。

   1つは1日の総摂取カロリーを、米食品医薬品局(FDA)が健康の目安としている2000キロカロリー以内に抑え、炭水化物、たんぱく質、野菜などの栄養バランスを考えたことだ。具体的には、朝食は卵の白身とベーコンのマフィン、オートミール、スキムミルク。昼食はサラダとスライスしたリンゴ、フルーツパフェ。夜食はフライドポテト付きのセットなどだ。組み合わせは生徒たちが選んだが、日本とは違う、米国マクドナルドならではメニューが中心のようだ。そして、2つ目のルールが運動だ。毎日45分間のウォーキングを続けた。

   シスナさんはインタビューの中で、「サラダばかり食べていたわけではない。ビッグマックやアイスクリームもたくさん食べた。実験の結果、ファストフードが太るというのはバランス悪く食べ過ぎるからで、運動をしながら栄養バランスさえ気をつければやせられることがわかった」と語り、『私のマクドナルド・ダイエット』という本まで出した。

   2015年5月にシスナさんを「宣伝大使」に採用したマクドナルドの広報担当は「シスナさんの成功で我が社の商品が健康であることが証明された。シスナさんが、教師として生徒に真実の情報に基づく選択をさせる努力をしていることを我々は支援する」とコメント、シスナさんが講演する際の交通費や手当を支払っている。一方、食育や栄養の専門家からは「不健康な食事を若者に宣伝するマクドナルドの新たな戦略だ」と抗議が殺到している。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中