2018年 11月 14日 (水)

元アイドル「菊池桃子」を目玉の民間議員にした安倍政権 彼女は「一億総活躍国民会議」で何を訴えるのか

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   元アイドルでタレントの菊池桃子さん(47)が政府の目玉政策のひとつ「一億総活躍国民会議」の民間議員に選ばれた。菊池さんの大学での雇用政策の研究活動や短大の客員教授の実績などが評価されたためだが、ネット上では、話題作りに終わらないのかとの指摘も出ている。

   「偏らず、多様な意見が存在することを意識して意見交換をしていきたい」。菊池さんは、選出された2015年10月23日、こんな言葉でブログをつづった。

  • どんな提言をするのか
    どんな提言をするのか

映画「パンツの穴」に出演したアイドル

   国民会議では、安倍晋三政権の目指す「一億総活躍社会の実現」に向けて具体策を話し合う。民間議員には、菊池さんを含め、学識経験者、経済界代表、福祉関係者ら15人が名を連ねている。

   報道によると、10月29日に初会合を開き、11月にも緊急対策をまとめる予定だ。16年春には、「ニッポン一億総活躍プラン」を作成することになっている。

   元アイドルの菊池さんが選出されたことに、ネット上では、40~50代の往年の男性ファンらからお祝いや励ましの声が上がっている。とはいえ、話題になるのは、アイドル歌手としてデビュー当時に脚光を浴びた映画「パンツの穴」出演や、その後の意表を突いたロックバンド「ラ・ムー」の結成といった、アイドル時代のことが中心だ。

   民間議員として選ばれたことについても、「人寄せパンダかよ」「何がしたいのか全くわからんw」「活躍できない1人になる予感」などと冷ややかな声も多い。

   菊池さんは、国民会議で一体どんなことを訴えようとしているのだろうか。

   プロゴルファーの西川哲さん(47)と離婚後、菊池さんは、シングルマザーとして1男1女の子育てと芸能活動を両立させてきた。

   菊池さんがメディア取材に答えたところなどによると、長女が乳児期の脳梗塞で手足に後遺症を持ち、将来に不安を持ったことがきっかけで、雇用やキャリアの問題を考えるようになった、という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中