2018年 12月 19日 (水)

乳がんのマンモグラフィー推奨、40歳から45歳に引き上げ 米がん協会

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   米国でがん撲滅運動を進めている非営利団体の米がん協会は2015年10月20日、マンモグラフィー(乳房X線撮影)による女性の乳がん検診の指針を見直し、年1回の検診を勧める年齢を従来の40歳から45歳に引き上げると発表した。また、55歳以上は2年に1回とした。

   同協会によると、マンモグラフィーで乳がんの約85%が発見されるが、がんではないのに疑いをもたれて、組織の一部を取り出す追加の精密検査などを行った結果、「異常なし」と判断されるケースが少なくない。この際、痛みや放射線被ばくによる副作用などが伴うこともある。また、危険性のない腫瘤を取り除く外科手術によって合併症などを引き起こす可能性も指摘されている。このため新指針では、比較的発症率の低い40代前半では、異常がないのに体に負担がかかる精密検査などをしてしまうリスクを重視した。

   ただ、40歳以上で本人が希望する場合は、毎年受けてもかまわないとしている。また、乳がんになりやすい家系の人には適用しない。医師や自分自身が触って乳房のしこりを調べる視触診は、「明確な効果が確認できない」と推奨から外したが、本人が異常に気づいたらすぐに医療機関で受診するよう求めている。

   日本ではマンモグラフィーについて、厚生労働省が40歳以上を対象に2年に1回の検診を勧めている。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中