サブちゃん、G1初制覇 菊花賞、キタサンブラックが制す!

印刷

   歌手の北島三郎さん(79)の愛馬、キタサンブラック号(登録上の馬主名義は大野商事)が2015年10月25日、京都競馬場で行われた牡馬クラシック3冠の最終戦「第76回 菊花賞」を制した。G1挑戦12度目での初勝利に、表彰式後、公約していた大ヒット曲「まつり」の一節をターフで熱唱。京都競馬場に集まった5万2689人を沸かせた。

   北村宏騎手、清水久詞(43)調教師ともに日本中央競馬会(JRA)の3歳クラシックは初勝利。

   キタサンブラック号は、父ブラックタイド、母シュガーハート(母の父サクラバクシンオー)、戦績7戦5勝、総獲得賞金2億9208万7000円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中