2018年 12月 12日 (水)

不登校の子に多い「慢性疲労」は脳の一部が働き過ぎ 理研が発表

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   不登校の子どもは、原因不明の疲労や睡眠障害により学校に行けなくなるケースが多いが、こんな「小児慢性疲労症候群」の患者の脳を理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センターが調べたところ、脳の一部が過剰に活性化して疲れていることがわかり、2015年10月25日に発表した。

   小児慢性疲労症候群は、3か月以上にわたって疲労や倦怠感、睡眠不足などが続く症状で、いじめなどのはっきりした理由がないのに、学校生活が送れなくなり、不登校になる子供に多くみられ、子どもの1%が発症するといわれる。

   チームは、患者15人(平均年齢13.5歳)と健常児13人(同12.2歳)に「注意配分課題」テストを受けてもらい、機能的磁気共鳴画像装置を使って脳の活動を調べた。「注意配分課題」とは同時に2つのことを遂行するもので、ひらがなで書かれた物語を読ませ、「かなの中で母音だけを拾うこと」と「物語の内容を理解すること」をできるかどうかチェックした。

   すると、健常児は思考をつかさどる前頭葉の左側だけが活性化したが、患者は左右両側とも活発に活動していた。これまでは、患者は疲労によって脳が活動しなくなっていると考えられてきたが、むしろ、脳機能の低下を補うために過剰に活動させていることが疲労の原因とわかった。

   小児慢性疲労症候群は、患者や家族が病気と認めないケースが多い。チームでは「画像で脳の状態を見せることで、治療と向き合うきっかけになれば」としている。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中