2018年 10月 20日 (土)

輸血で慢性E型肝炎発症 国内で初めて確認

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   肝臓移植の際の輸血でE型肝炎ウイルスに感染し、2人が慢性肝炎を発症していたと、2015年10月26日に共同通信など複数のメディアが報じた。厚生労働省研究班の全国調査によるもので、発症者は60代女性と40代男性。治療の結果、回復したという。

   E型肝炎は、発展途上国では雨季の河川の氾濫により飲み水が下水で汚染されることによる集団感染が多い一方、日本ではブタやシカの生肉や生レバーが感染源として知られる。日本赤十字社によると、北海道がE型肝炎ウイルスの陽性率が高い。また、日本国内で輸血によるE型肝炎ウイルスの感染は過去にも報告されているが、発症が明らかになったのは今回が初めてとなる。

   発症した場合、症状は発熱や腹痛、肝機能の悪化を伴う。妊婦が発症すると重病化する可能性が高いという。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...