2018年 8月 17日 (金)

輸血で慢性E型肝炎発症 国内で初めて確認

印刷

   肝臓移植の際の輸血でE型肝炎ウイルスに感染し、2人が慢性肝炎を発症していたと、2015年10月26日に共同通信など複数のメディアが報じた。厚生労働省研究班の全国調査によるもので、発症者は60代女性と40代男性。治療の結果、回復したという。

   E型肝炎は、発展途上国では雨季の河川の氾濫により飲み水が下水で汚染されることによる集団感染が多い一方、日本ではブタやシカの生肉や生レバーが感染源として知られる。日本赤十字社によると、北海道がE型肝炎ウイルスの陽性率が高い。また、日本国内で輸血によるE型肝炎ウイルスの感染は過去にも報告されているが、発症が明らかになったのは今回が初めてとなる。

   発症した場合、症状は発熱や腹痛、肝機能の悪化を伴う。妊婦が発症すると重病化する可能性が高いという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中