2021年 4月 13日 (火)

「がん放置療法」の近藤理論 「医師の皆さん、どう思いますか」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

患者は「疑似医学か医学か、臨床実験で決着つけて」

   しかし、医師の側でも肯定的な意見があったのも確かだ。

「治療しないのも選択肢の1つ。そういう考えを広めたのは素晴らしい。対象患者を受け入れる態勢づくりが必要だ」「確かに見つけた以上、何かをしなければという現状は異常。患者の期待値が高すぎるのが問題。人間、いつか死にます」「助けられる場合は積極的に治療すべきだが、若干の延命のみであれば選択の余地があっていい」

   患者側でも「進行性のがんは、緩和治療をのぞき治療はとめる」「高齢者の寿命を半年伸ばすのに、抗がん剤を何百万円も使うのは馬鹿げている。抵抗力を弱め、死期を早めるだけだ」という意見が多かった。

   患者側で目立ったのは、「一般人は疑似医学と医学の区別がつけられない」「何が真実か判断できないから、臨床試験を実施して(近藤理論を)検証してほしい」という、医学界で「論争」の決着をつけてほしいという意見だ。

姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中