2019年 5月 25日 (土)

「ベーコンのない人生なんて意味あるのか」 「発がんリスク」発表受け、世界中から悲鳴

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   世界保健機関(WHO)傘下の研究機関が、ベーコンやハムなどの加工肉が大腸がんのリスクを高める可能性があるとする研究結果を発表したことで、ネット上でも反響が広がっている。

   世界中の「ベーコンファン」から「ベーコンのない人生なんて意味があるのか」といった悲鳴に近いツイートが寄せられており、ベーコン関連のハッシュタグが「トレンド」入りするほどの盛り上がりぶりだ。

  • ベーコンファンからは悲鳴があがっている
    ベーコンファンからは悲鳴があがっている

「WHOに何が分かるのか」のハッシュタグも登場

   研究結果はWHO傘下の国際がん研究機関(IARC)が2015年10月27日、医学専門誌に発表した。それによると、加工肉を毎日50グラム食べると、がんのリスクが18%高まるという。発がん性がどの程度「確かか」を示すリスク分類で、加工肉は喫煙やアスベストと同じ「グループ1」に分類された。ただし、この分類は発がん性の「確かさ」を示しており、ただちに「高さ」を示すものではない。

   だが、早くもツイッター上では「#PraiseBacon」(ベーコンを称賛せよ)「#WhatDoesWHOKnowAnyway」(WHOに何が分かるのか)といったハッシュタグを使った書き込みが続々と登場。

   ロイター通信によると、「#FreeBacon」(ベーコンに自由を)「#Bacongeddon」(ベーコンゲドン、ハルマゲドン=最終戦争をもじったとみられる)「#JeSuisBacon」(私はベーコン、風刺週刊誌「シャルリー・エブド」襲撃事件後の標語をもじったとみられる)といったハッシュタグは、2日連続で世界中に話題になっている「トレンド」入りしたという。

   一部には

「砂糖も炭水化物も体に悪い。それにベーコンが加わっただけだ」

などと比較的冷静なものもみられるが、多いのが

「ベーコンでガンになるかもしれないが、ベーコンのない人生なんて意味があるのか」
「人間はみんな死ぬ。その日まで食べたいものを食べるだけだ」

といった熱心な「ベーコン支持者」による自暴自棄に近い声だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中