2018年 12月 10日 (月)

小学3年生からの英語「必修化」 反対は約半数「まず日本語を」...J-CAST調査

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   2020年の東京五輪に向け、小学校における英語教育の議論が活発化している。

   文部科学省は20年までに、現在小学5~6年生で必修化されている「外国語活動」を3~4年に引き下げ、5~6年生の英語を正式教科化することを目指している。

  • 小学校低学年の英語必修化、賛成?反対?
    小学校低学年の英語必修化、賛成?反対?

「早くから英語に触れさせることには賛成」も

   外国語の取得は幼いほど早いと言われているが、日本語習得の時期とも重なる子どもたちに必修化してまで英語を学ばせることには反対意見もある。

   小学3年生(低学年)からの英語必修化について、J-CASTニュースが9月7日から10月21日にかけてアンケート調査を行ったところ、2551票が集まった。

   このうち「できるだけ早く学ばせるべき」との理由から「賛成」と回答した人は全体の26.7%だった。一方、「まずは日本語をしっかり学ばせるべき」との理由から「反対」と回答した人は49.1%で、賛成の約2倍の得票率となった。

   ただ、早くからの英語教育自体の必要性を感じている人は少なくなく、「賛成」とほぼ同率の23.2%が「早くから英語に触れさせることには賛成だが、必修化の必要はない」との選択肢を選んでいた。

   必修化した際には、どのように教員を確保するかという問題も浮上するだろう。グローバル人材を育成するためには、英語教育の早期開始・必修化こそが近道なのか。引き続き議論を重ねる必要がありそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中