2018年 8月 22日 (水)

「移民受け入れを検討すべき」 河野太郎行革相が呼びかけ

印刷

   移民の受け入れについて、河野太郎行改担当相は、2015年11月7日に沖縄県で開かれた国際会議で、検討すべきだとの考えを明らかにした。

   報道によると、河野氏は、政府が目標に掲げるGDP600兆円を達成するための手段として、「そろそろテーブルの上に載せ、議論を始める覚悟が必要だ」と述べた。同時に、感情的になりやすい問題であり、時間をかけて議論すべきだともした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中