2018年 11月 17日 (土)

保険金受け取り、同性パートナーも可能に 第一生命も

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   第一生命保険は、東京都渋谷区が同性カップルを結婚に相当する関係と認定する「パートナーシップ証明書」があれば、生命保険金の受取人に同性のパートナーを指定できる手続きをはじめた。渋谷区が証明書の発行をはじめた2015年11月5日から受け付けている。

   一般に、生命保険は死亡保険金の受取人を「配偶者もしくは2親等以内の血族」としている。事実婚や同性のパートナーを受取人に指定するには、同居の事実や家計を共にしているかの確認などが必要で、手続きが煩雑だった。渋谷区の証明書があれば、こうした手続きを省くことにした。

   同性のパートナーの保険金の受け取りについては、ライフネット生命保険が証明書の提出などで受取人を指定できる制度に変更。日本生命保険も同じ方法で手続きの簡素化を決めている。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中