2019年 12月 8日 (日)

今年はインフルエンザワクチン値上げ 予防接種の「効果」は高まったのか?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

ワクチンプラスαの緊急対策とは

   インフルエンザウイルスの種類はおよそ200種類もあるという。しかし、人に病気をもたらすウイルスとなると、ぐっと数は少なくなる。その中でワクチンに含まれる4種類はどのように決められるのだろうか。

「国内の流行状況や抗体保有状況などの調査結果に加え、南半球での流行状況などをもとに決定されます。日本を含む北半球で春から夏にあたるシーズンは、南半球では秋から冬。例年この時期に南半球で流行したウイルス株が、その年の北半球の秋から冬に流行する傾向があることから、ワクチンの種類を決める際には南半球での流行状況も参考にされます」

と岩田氏。しかし、どの型が流行するかだけでなく、流行の規模や期間などを予測するのは困難を極める。

「インフルエンザに限らず感染症の流行には、人の動きや社会的な要因、天候などさまざまな要因が複雑に絡み合ってきますから、予測するのはとても難しい。天気予報のようにはいかないのです」

   高齢者や持病のある人など重症化するリスクの高い人には、同居する家族がインフルエンザにかかってしまった場合の緊急回避策として、「タミフル」や「リレンザ」が用いられることがある。いずれも一般にインフルエンザの治療薬として知られているが、一定の予防効果も認められている。岩田氏によると「ワクチンと比べて効果が高いわけではなく、予防の度合いをさらに高めるという意味で、ワクチンプラスαの予防策として使われるもの」だという。

   ただし、これらの薬剤を予防投与する場合は、インフルエンザを発症した人と同居または共同生活をしていることを前提に、基礎疾患など一定のリスクが高い人が特に対象となる。条件を満たしたうえで、最終的には医師の判断が必要だ。

   厚労省のホームページには、「タミフルは、一般的には安全な医薬品ですが、頻度は低いものの様々な副作用を生じることがあります」と書かれている。また、保険は適用されない。それでも「どうしても感染するわけにはいかない人」は、医師に相談するのも一つの方法だ。

   もちろん、普段からうがい、手洗いはこまめに、念入りに行う、不要な外出は避け、人ごみには出かけない――自分でできる対策は万全にしておくことを心がけたい。[アンチエイジング医師団取材TEAM/監修:岩田健太郎 神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長]


アンチエイジング医師団

「アンチエイジングに関する正確で、最新かつ有効な情報」を紹介・発信するためにアンチエイジング医学/医療の第一線に携わるドクターたちが 結成。 放送・出版などの媒体や講演会・イベント等を通じて、世の中に安全で正しいアンチエイジング情報を伝え、真の健康長寿に向き合っていく。HPはhttp://www.doctors-anti-ageing.com 2015年4月1日から医療・健康・美容に関する情報サイト「エイジングスタイル(http://www.agingstyle.com/)」の運営も開始。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中