2019年 10月 14日 (月)

サムスン、お膝元韓国でシェア急落? 「iPhone 6」の発売以降、アップルが躍進

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   韓国のスマートフォン市場に異変が起きている。サムスン電子のシェアが急落しているようなのだ。

   「Galaxy」シリーズの大ヒットでサムスンはここ数年、高級スマホ市場で米アップルを抑えて快走を続けてきた。しかし先行きは厳しく、「お膝元」の韓国でもいよいよ窮地に追い込まれてきた。

  • サムスンが「お膝元」の韓国でも苦戦している?(画像はイメージ)
    サムスンが「お膝元」の韓国でも苦戦している?(画像はイメージ)

中国勢、世界シェアで急伸

   米調査会社のIDCが2015年10月28日に発表した15年第3四半期(7~9月)の世界スマートフォン出荷台数によると、全世界での出荷台数は3億5520万台で、前年同期に比べ6.8%増えた。

   メーカー別でみると、韓国のサムスン電子が前年同期比6.1%増の8450万台と市場シェアで首位をキープ。ただ、シェアは23.8%と前年同期よりも0.1ポイント下がった。

   一方、シェアを高めたのが米アップル。9月に発売された新機種「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」の発売3日間の販売台数が1300万台に達するなど好調で、7~9月の出荷台数は4800万台、前年同期比で22.2%と大幅に増えた。シェアも前年同期よりも1.7ポイント高い13.5%に達した。

   これを猛追するのが、中国のファーウェイ。世界販売台数は2650万台。シェアは前年同期から2.5ポイント上がり、7.5%に達した。中国のシャオミを抜き、シェア3位に返り咲いた。

   4位はレノボでシェアは5.3%、世界販売台数は1880万台。5位のシャオミは5.2%、1830万台で、3~5位は中国勢が占めた。合計の6360万台は、アップルを抜いてサムスンに迫るほどだ。

   米アップルや中国勢がシェアを伸ばすなか、世界のスマートフォン市場でサムスン電子だけが置き去りにされた格好だ。

   背景にあるのは、低価格を「売りモノ」にした中国ブランドの存在とみられる。たとえば、香港の調査会社Counterpoint Researchの「Monthly Market Pulse」によると、中国におけるiPhoneの2015年9月の売り上げ台数は、初めて700万台を突破。9月としては初めてシェアで首位に立った。後押ししたのは同月に発売された「iPhone 6s」と「6s Plus」だ。

   「スマホ大国」ともいわれる中国市場では現在、現地のファーウェイとシャオミ、米アップルが熾烈なシェア争いを繰り広げている。15年4~6期に首位だったのはシャオミ、7~9月期はファーウェイだった。その一方で、サムスンは7月以降大きくシェアを落としており、上位3社との差はますます広がっていると指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中