キラキラネームをハワイ系が席巻するのか? ゆっきーな次女「マカナ」命名の影響力

印刷

   タレントの木下優樹菜さん(27)が2015年11月10日、先日生まれた次女の名前をインスタグラムで公表した。命名「茉叶菜」。「マカナ」と読み、ハワイ語で「大切な贈り物」との意味があるという。

   芸能人の子はユニークな名前(時にキラキラネーム)が多いとはよく言われるが、ここ最近はハワイ語由来の名前をつけたという芸能人が立て続けに話題になっており、ブームの感すら漂っている。

  • 「ちなみにハワイの言葉では…」がお決まりになる?(画像はイメージ)
    「ちなみにハワイの言葉では…」がお決まりになる?(画像はイメージ)

3匹の犬もすべてハワイ語由来

   木下さんは3日、夫の「フジモン」こと藤本敏史さん(44)立ち会いのもと、第2子となる女の子を出産。7日には、藤本さんが名前辞典か何かを熟読する姿をインスタグラムに投稿し、「一生の名前を本気で考えてます」「悩む悩む悩む でもキリがない(笑」と、あれこれ考えあぐねていることを明かした。

   ファンからは「鈴菜」「優莉菜」「瑚々菜」などさまざまな提案がなされたが、木下さんは最終的に「茉叶菜(マカナ)」と名付けたことを報告した。ハワイ語で「大切な贈り物」との意味があるそうで、

「だぁ(藤本さん)が毎日毎晩、仕事の移動時間も、合間も画数をいーーーっぱい調べて、ハワイで知り合った友達から偶然ヒントをもらって...画数、総画を出して、やっとこれに決まったの」

という。

   また、2012年8月に生まれた長女の莉々菜ちゃん(3)と揃うと、愛らしさ、温和、素直...といった花言葉を持つ「茉莉花(ジャスミン)」になるとも説明している。木下さん本人も「すっっっごいいい名前(笑」と大満足だ。

   長女の名前はハワイ語に関係するものではないようだが、藤本家のペットである3匹の犬「マハロ」「ロコ」「ププ」は、いずれもハワイ語からとったものだと過去にブログで語っている。木下さんたちにとってハワイ語で名前を考えることは、それほど珍しいことではないようだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中