北の湖理事長が貧血で搬送、九州場所13日目を休場

印刷

   日本相撲協会は2015年11月20日、北の湖理事長(62)が大相撲九州場所13日目を休場すると発表した。各紙報道によると20日朝、貧血のため病院に搬送され、治療を受けていた。21日以降の職務は当日の体調を見て決めるという。

   2015年7月の名古屋場所中には腎臓に尿がたまる「両側水腎症」の手術を受け、途中休場していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中