2019年 1月 22日 (火)

「昭和の大横綱」北の湖理事長が死去 62歳

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   大相撲の元横綱で日本相撲協会理事長の北の湖敏満(本名・小畑敏満)さんが2015年11月20日、福岡市内の病院で亡くなった。62歳だった。

   北の湖理事長は 11月8日から行われていた大相撲九州場所へ出場するため、福岡市内に滞在中だった。20日朝に体調を崩し同市内の病院に救急搬送され、同場所13日目を休場。同日夜、直腸がんによる多臓器不全のため死去した。

   北海道壮瞥町出身。横綱での白星670勝は史上最多で、横綱在位期間も史上最長の63場所。1985年に現役を引退。その後就任した理事長として日本相撲協会の公益法人化を実現するなど、角界の発展に尽力していた。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中