2022年 8月 14日 (日)

「伝説の大女優」のまま逝った原節子さん  「引退」から完全沈黙の53年に流れた「憶測」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   昭和を代表する大女優だった原節子さんが95歳で亡くなっていたことが分かり、改めてその「伝説」に注目が集まっている。50年以上も公に姿を現さなかった理由は何だったのだろうか。

「もうとっくに亡くなっておられるイメージだった」「すっぱり消えて伝説になってそのまま逝ったなぁ」
  • 日本映画の黄金期だった(写真はイメージ)
    日本映画の黄金期だった(写真はイメージ)
  • 日本映画の黄金期だった(写真はイメージ)

原さんは小津安二郎監督の死に殉じた?

   原節子さんは、2015年9月5日に肺炎のため神奈川県内の病院で亡くなっていた。そのことが、2か月以上経った11月25日に報じられると、ネット上では、こんなお悔みの言葉が次々に上がった。

   中には、名前を聞いて別の芸能人のことかと勘違いしたといった声や、若い世代では、そもそも原さんを知らなかったという告白もあった。

   それもそのはず、原さんは、1963年に42歳で突然、女優を引退して、その消息がほとんど報じられなかったからだ。

   原さんは、1935年に15歳で映画界にデビューし、ドイツのアーノルド・ファンク監督に目を付けられて、日独合作映画「新しき土」(1937年)のヒロインに抜擢されると一躍スターになった。

   戦後も、黒澤明監督の作品「わが青春に悔なし」で注目を集め、「青い山脈」といった大ヒット映画に次々に出演して、国民的大女優への道を歩み始めた。小津安二郎監督の作品には、「晩春」(1949年)から計6本に出演し、「東京物語」などの代表作を生んでいる。

   ところが、小津監督の葬儀に参列したのを最後に、公の場から姿を消してしまった。

   原さん自身は、このことをまったく語っていない。各メディアが、引退の理由について、様々な憶測を立てているだけだ。

   その1つが、原さんが小津監督の死に殉じたのではないかという説だ。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中