2019年 12月 15日 (日)

沢村賞・前田健太が大リーグ挑戦の意味 日本投手陣は米国の「人材供給源」か

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2015年の沢村賞投手、広島の前田健太が大リーグに挑戦することになった。日本のプロ野球界は「大リーグの人材補給源」をこのまま続けるのか。

   前田が球団に大リーグ行きの意思を伝えたのは2015年11月24日のことである。

  • 続々と大リーグ入りする日本人投手。最近では田中将大が楽天からヤンキースに入団した
    続々と大リーグ入りする日本人投手。最近では田中将大が楽天からヤンキースに入団した

「侍ジャパン」の好投がカギに

「大リーグ行きの思いは、年々強くなっていた」

   2年ほど前から大リーグを意識していることを明らかにしていたから、周囲は「その時期か」と冷静に受け止めている。

   ちなみに、この日はベストナイン発表と重なり、前田はセ・リーグの投手に選ばれた。沢村賞も受賞しており、文字通り現在のNo.1投手となった。

   移籍の方法は大リーグ球団の入札となるポスティングシステムを利用する。前田が海外フリーエージェントの権利を取得できるのは17年。1年前に移籍することで球団には多額の資金が入るため、もめることはないだろう。

   最近では、楽天からヤンキースに入団した田中将大もいる。

「広島で優勝したいという気持ちは当然ある。それよりも大リーグで投げたい気持ちの方が強かった」

   決断までに悩んだのだろう。

   侍ジャパンで好投したことが最後の確認になったのではないか。大リーグのスカウトも使えると判断し、声をかけたことは予測できる。ピッチングだけでなく、フィールディングが抜群であることも高い評価につながったはずだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中