2019年 12月 12日 (木)

ももクロ「紅白卒業宣言」でファン動揺 元メンバー、あかりんとの誓いはどうなるの

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ももいろクローバーZの「紅白卒業宣言」を受け、ファンの間では議論が巻き起こっている。

   背景にあるのは、元メンバーの早見あかりさん(20)と交わした約束だ。「紅白で会おうね」――。誓いが果たされるのを待ち望んできたファンの多くは、一夜明けた今も、複雑な思いを抱えている。

  • 大みそかは第1回カウントダウン公演を開催する(写真は2014年紅白歌合戦のリハーサル時に撮影)
    大みそかは第1回カウントダウン公演を開催する(写真は2014年紅白歌合戦のリハーサル時に撮影)

プロデューサー「みんなで考えた総意」

   2015年11月26日夜、「第66回NHK紅白歌合戦」の出演者発表が行われ、人気アイドルグループ・ももいろクローバーZが落選となった。

   3年連続で出場し、安定的な人気を誇ってきただけに、ファンにとってはまさかの出来事だった。だが、落選以上に衝撃的だったのが、公式サイトに掲載された「紅白歌合戦を卒業します」という異例の卒業宣言だった。同時に、第1回カウントダウン公演を行うことも明らかにされた。

   ももクロのプロデューサーである川上アキラ氏は26日夜、卒業宣言は今回の落選を受けて出した答えであり、「みんなで考えた総意」だとツイッターで説明した。

   川上氏の言葉を受けても、モノノフ(ももクロファンの愛称)たちは釈然としないようだ。元メンバーである早見さんとの約束が叶わなくなってしまったからだ。

   「あかりん」の愛称で親しまれた早見さんは、グループがブレークする前の2011年に脱退。女優の道を歩み始めた。卒業コンサートでは、百田夏菜子さん(21)と「お互い大きくなって紅白で会おうね」と涙ながらに誓い合った。紅白出場は結成当初からの夢だったのだ。

   ももクロが出演者で、あかりんが審査員――。そんな夢の共演が実現することをモノノフたちも願ってきた。それだけに、ネット上では昨夜から、

「全て裏切られた気分」
「あかりちゃんとの約束は茶番だったって事なんですかね」
「あかりんの約束を破るのは許せません」
「『残念ですがまた来年も頑張ります』って言ってほしかった」

との声が相次いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中