2018年 8月 15日 (水)

五輪エンブレム、応募総数は約1万5000点 委員長「1つを選考するのは至難の業」

印刷

   2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は2015年12月7日、新エンブレムデザイン案の公募受け付けを締め切り、応募総数が1万4599点だったと発表した。著作権を侵害していないか、他のマークと混同されないか、といった応募要件を確認して年内に100~200点に絞り込み、来春決める予定。16年1月7日から9日までの3日間で、21人のエンブレム委が本審査をする。

   審査にあたるエンブレム委員会の宮田亮平委員長(東京芸大学長)は「多くの方に参画してもらい、感激している。最終的にたった一つを選考するのは至難の業だが、皆さんに納得いただけるようなプロセスでしっかりと審査していく」とのコメントを発表した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中