2018年 8月 15日 (水)

前代未聞! 車椅子男が宝飾店強盗未遂 逃げ切れるはずもなく、「切ない」「悲しい」の声

印刷

   車椅子に乗った66歳の無職の障害者が、ショッピングモール2階にある宝飾店で強盗を働こうとして、警察に現行犯逮捕された。手には刃渡り17センチの文化包丁を持っていた。

   犯行に及んだ動機については明かされていない。ただ、宝石は奪っても逃走は難しく、すぐ捕まってしまう可能性が強い。ネットでは「切ない事件です(泣)」「悲しい話だね」などといった声が広がっている。

  • 車椅子に乗って宝飾店で強盗未遂「逃げ切れるわけはないのに・・・」(写真はイメージ)
    車椅子に乗って宝飾店で強盗未遂「逃げ切れるわけはないのに・・・」(写真はイメージ)

「捕まるのが目的なのかな?」の推測も

   愛知県警察本部によれば、事件が起こったのは2015年12月7日午後5時すぎ。名古屋市東区のショッピングモール「イオンモールナゴヤドーム前」の2階にある宝飾店に、近隣に住む無職の66歳男が、責任者の女性(40)に刃渡り17センチの文化包丁を突きつけ「宝石を出せ」などと脅した。男は足が悪く、車いすに乗っていた。警備員が注意すると男は店外に出た。店は警察に通報し、警察官が強盗未遂の疑いで男を現行犯逮捕した。県警は犯行動機については発表していない、としながら、

「犯人が車椅子に乗り強盗を働こうとしたのは極めて珍しい事件。仮に宝飾品を奪えたとしても、車椅子に乗ったままで逃げ切れるとは考えられない」

とコメントした。

   ネット上ではこのニュースに関して、「捕まるのが目的なのかな?」「悲しい話だね」などと切なさを訴える声が広がっている。

ニューヨークでも車椅子に乗った銀行強盗が現れた

   掲示板にはこの事件について、

「ニュースを耳にしたときに耳を疑った」
「何か切なくなってきた」
「たぶん生活に行き詰まって捕まるためにわざとやらかしたんじゃね?車椅子なんて目立つし逃げられるわけない」

などといった書き込みが出ている。

   車椅子に乗って強盗を働く、という事件は海外でも起こっている。15年6月30日のロイター通信日本語電子版などによれば、15年6月29日にニューヨークで車いすに乗った30歳前後の男がクイーンズ地区にあるサンタンデール銀行から現金1200ドル(約15万円)を奪って逃走した。武器などは出さずに行員に「金をよこせ」と書いた紙を見せただけだった。

   銀行にいた人たちは何が起きているのか分からず唖然としていたという。監視カメラには車椅子に乗り必死で逃げる犯人が映っていて、その動画が公開されたものの、この時点ではまんまと逃げられ、行方が分からなくなっている。車いすだからといって強盗が不可能だというわけでもないようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック