2019年 3月 27日 (水)

「新国立A案」に垂れ込める「暗雲」 ザハ氏と「B案」建築家の不気味な「連携」

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   デザイン案が白紙撤回の後、ようやく「A案」で動き始めた新国立競技場計画だが、その発進にまたも物言いがついている。当初デザインを担当していたザハ・ハディド氏からだ。

「本日発表されたデザイン(=A案)は、我々のデザインと驚くほど似ている」
  • 国立競技場の後継スタジアム、無事に完成するか(取り壊しの様子。3月撮影)
    国立競技場の後継スタジアム、無事に完成するか(取り壊しの様子。3月撮影)

伊東氏「ひょっとするとこれ、ザハさんに訴えられるかも」

   ザハ氏はデザイン案の正式発表が行われた直後の2015年12月22日、事務所を通じて上記のような声明を発表した。

   ザハ氏による未来的なシルエットの旧案。建築家・隈研吾氏が手がけた「木と緑のスタジアム」がテーマのA案。一見すると、そのデザインはまったく別物にしか見えない。だがザハ氏の声明によれば、「スタジアムのレイアウトや座席の配置」などが酷似しているという。

   具体的なポイントとして挙げられているのが、3層のスタンドだ。観客の見やすさを重視するとともに、工事が比較的容易なため工期短縮にもつながるともされ、A案の売りでもあるのだが、ザハ氏側はこれが旧案を参考にしたものだと主張する。確かに、ザハ氏の構想でもスタンドは3層となっており、A案のチームに入っている大成建設は、旧案でスタンドを担当する予定だった。

   国内からもザハ氏には「援護射撃」が出ている。負けたB案をデザインした、伊東豊雄氏だ。22日の会見で、やはりA案とザハ氏案の類似を指摘し、

「ひょっとするとこれ、ザハさんに訴えられるかもしれないな、というくらいに思っております」

と厳しい見方を示す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中