別患者の乳房を全摘出 千葉県がんセンター、検体取り違え

印刷

   千葉県がんセンター(千葉市)は2015年12月25日、患者の検体を取り違え、別の患者である30代女性の右乳房を全摘出する手術を行ってしまったと発表した。30代女性は、早期の乳がんで、直ちに全摘出をする必要はなかった。別の50代の乳がん患者の検体と取り違えていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中