2018年 10月 21日 (日)

わずかな血液で、がん遺伝子60種類を検出

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   わずかな血液を検査するだけで、がんに関連する異常な遺伝子を60種類検出する新しい手法を国立がん研究センターが開発した。2015年12月16日付の英医学誌「サイエンティフィック・リポーツ」(電子版)に発表した。

   多くの遺伝子異常を調べるためには、針で刺して組織を取り出す生体検査が行なわれているが、患者の負担が大きく、出血による合併症の危険もある。新手法なら繰り返し検査できるうえ、一人ひとりのがんの進み方にあった薬や治療法の選択ができるようになる。

   がんの発症にかかわる遺伝子異常は、肺がんや乳がんなどの種類を超えて共通するものがあり、血液中に含まれていることが多い。そこで研究チームは、すい臓がんの患者48人の血液で、がん由来のDNAを最先端の解析装置を使って調べた。データの解析方法を工夫し、従来は最低200ミリリットル必要だった血液を、5ミリリットルで60種類の遺伝子異常を正確に検出することに成功した。

   研究チームの谷内田真一ユニット長は、「今回の研究はすい臓がんで行われましたが、すい臓がんに限らず、血液がん以外のあらゆるがんに使える手法です」とコメントしている。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...