2021年 1月 24日 (日)

大リーグ「入札ビジネス」は日本球団のドル箱 前田健太ドジャース入り「広島の損得」

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   前田健太、ドジャース入りへ。2016年1月、またもや日本球界のエースが大リーグに行く。

   そのたびに潤うのが所属していた球団だ。いまや日本のプロ球団は入札ビジネスにまっしぐらだ。

  • 大リーグへの選手移籍で儲かるのは選手だけではない
    大リーグへの選手移籍で儲かるのは選手だけではない
  • 大リーグへの選手移籍で儲かるのは選手だけではない

選手の影で目立たない巨額の球団収入

「8年、2500万ドル(30億円)」

   ドジャースと入団で合意した前田の噂されている契約条件である。一部で、安くはないか、といわれているが、大リーグの名門チームと長い契約を結ぶことができれば、それは誇りになる。

   前田もポスティング・システム(入札制度)を利用している。つまり、昨年まで所属していた広島は2000万ドル(24億円)を譲渡金として受け取る。

   振り返ってみると、この入札制度で日本の球団は大金を手中にしている。大リーグ入りする選手に脚光が浴びるため、球団収入は目立たない。実際は簡単に稼ぐことのできない大金を懐に入れているのだ。

   前田の場合もこんなやりとりだったのではないか。

「大リーグに行きたいんですが...」

   フロントが応える。

「大リーグに行きたい? そう、OKだよ」

   こう言うだけのことで札束がドサッと来るのである。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中