北陸新幹線開業で利用者2.2倍に JR西日本

印刷

   JR西日本は2016年1月6日、年末年始期間(12月25日~1月5日)の利用状況を発表した。そのうち15年3月に開業した北陸新幹線の上越妙高(新潟県)-糸魚川(同)間の利用者は34万3000人で、前年の在来線特急「はくたか・北越」(直江津~糸魚川間)と比べて2.2倍に伸びた。

   山陽新幹線の利用者は1%減の203万2000人、在来線利用者は3%減の90万8000人だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中