2020年 12月 1日 (火)

小林旭さん、浅丘ルリ子さんとの「破たん」の真相を語る 「どこの馬の骨かわからんやつに、娘を嫁にやれるか!」

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   芸能界の超大物スター小林旭さんが、かつての恋人、浅丘ルリ子さんとの別れを、2016年1月4日から始まった朝日新聞の連載コラム「人生の贈りもの わたしの半生」で忌憚なく語っている。浅丘さんの父に「どこの馬の骨かわからんやつに、娘を嫁にやれるか!」と言われてカチンときたことが引き金になったというのだ。

   一方の浅丘さんはすでに半年前の昨年7月、日経新聞の「私の履歴書」で、小林さんとの恋物語を赤裸々に語っている。超大物同士の破たんの真相が、半世紀を経て双方から明かされている。

  • 半世紀を経て語られた赤裸々な真実
    半世紀を経て語られた赤裸々な真実
  • 半世紀を経て語られた赤裸々な真実

「残念ながら、うちの娘はまだ嫁にはやれません」

   先に明かしたのは浅丘さん。30回に及ぶ連載コラムの第7回で、「『運命の人』小林旭さん、海外ロケの合間にデート」との見出しでラブラブ時代をつづった。「2人は1年のうちほとんどの時間を一緒に過ごしていた」。しかし第8回では一転、「『お嫁にください』父拒絶、旭さんとの関係は自然消滅」との見出しで、下記のように別れをつづっている。

――後日談だが、旭さんから衝撃的な事実を知らされた。
実は父に『信子さん(ルリ子さんの本名)をお嫁にください』と直訴したことがあるというのだ。・・・
「残念ながら、うちの娘はまだ嫁にはやれません」
父ははっきり拒否したという。私は22歳でまだ女優としては成長中。身を固めるには時期尚早と考えたのだろう。私の将来を考えた上での父の判断だった。・・・
「もし旭さんと結婚していたらどうなったかしら?」
今でも考えることがある――

   全体としてソフトな書き方だが、小林さんは朝日新聞のコラムで、このあたりの事情をもう少し踏み込んで書いている。

「俺の自宅にルリ子の両親を招待して酒を飲んだんだけど、どういう具合か酔っ払ううちにルリ子のお父さんに『どこの馬の骨かわからんやつに、娘を嫁にやれるか!』と言われてしまった」
「ルリ子の両親とはそれ以前から顔は合わせていたけれど、それにしても『馬の骨』とまで言われなきゃいけないような仕打ちを、俺はこの人たちにしたか? そう思ったらルリ子との間に隙間ができていってしまった」

   浅丘ルリ子さんの父の意向で二人は別れることになったというのだ。

   当時の小林さんは石原裕次郎さんと並ぶ日活のトップスター。浅丘さんは2歳年下で映画では小林さんの相手役。いわば共演がきっかけの「職場恋愛」だったが、結婚には至らなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中