2020年 11月 27日 (金)

「嫉妬に狂って携帯を鍋で煮た」松居一代 船越英一郎との離婚報道で笑えなくなった「恐妻ネタ」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   芸能界のおしどり夫婦としておなじみだった船越英一郎さん(55)・松居一代さん(58)夫婦の離婚話が報じられた。記事では、船越さんが妻の厳しい束縛や嫉妬に疲れ果て、決意を固めたとされている。

   松居さんといえば、船越さんに対する嫉妬心や船越さんの「恐妻家」ぶりを自らネタにしてきたことで知られるが、事の真相ははっきりしないとはいえ、夫婦が明かしてきた仰天エピソードの数々が、実は「笑えない話」になってしまったことは確かなようだ。

  • 松居さんのブログには「耐える夫」というハチマキを巻いた船越さんの姿がある
    松居さんのブログには「耐える夫」というハチマキを巻いた船越さんの姿がある
  • 松居さんのブログには「耐える夫」というハチマキを巻いた船越さんの姿がある

夫婦で違った報道への対照的な対応

   離婚問題を報じたのは「女性セブン」2016年1月21日発売号だ。同誌によると決定的なきっかけは、松居さんが15年10月の自著出版会見で、当時亡くなって間もなかった川島なお美さんと船越さんの過去の交際を暴露したことだという。

   01年の結婚以来、妻の度をすぎた嫉妬や束縛に耐えてきた船越さんだったが、いよいよ疲れ切り、この日以降は別宅マンションで過ごすように。ほどなくして妻に離婚を切り出したそうだ。親しい関係者にもすでに離婚の意思を報告し、2月中にも決着をつけたいと話しているという。

   14日放送の「グッド!モーニング」(テレビ朝日系)では、雑誌発売前日の13日、船越さんが同番組の直撃に対し「別にお話するようなことはありませんので」とだけ話し、足早に車に乗り込む姿が映された。

   一方の松居さんは、離婚話をきっぱり否定している。同番組では、松居さんが13日、自宅前に集まった報道陣を近所の神社に連れて行き、取材に応じる様子も放送した。

   わざわざ神社に行ったのには理由があった。松居さんはここで、今年の正月に奉納したという夫婦の本名が記された本殿の鈴緒を披露したのだ。そしてニコニコとしながら「何も申し上げなくても、これを見ていただいたら一目瞭然かなと思いまして」と夫婦仲の良さをアピールした。

   その上で、離婚したいと言われたことがあるか聞かれると「はい、ありません」と笑顔で即答。夫婦間の温度差のある対応が印象的だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中