2019年 11月 12日 (火)

キムタクはヒーロー、中居は「悪者」 「キャンペーン」記事の裏に何があるのか

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   スポーツ新聞を見て、驚いた人もあるかもしれない。

   2016年1月16日、トップを飾るのは引き続きSMAPの解散・分裂騒動だが、その見出しは各紙そろって、ジャニーズ事務所残留を決めているとされる木村拓哉さんを持ち上げ、退所派とされる中居正広さんらや女性チーフマネジャーに否定的な内容だった。

  • 木村さん上げ、中居さん下げの紙面
    木村さん上げ、中居さん下げの紙面

ラジオでの初言及とタイミングぴったり

「キムタク存続直訴」(スポーツニッポン)
「SMAP存続前進」(スポーツ報知)
「中居よ キムタクに土下座しろ」(サンケイスポーツ)
「渦中の女性マネ雲隠れ SMAP放置」(日刊スポーツ)

   17日付のスポーツ紙はそれぞれこうした大見出しを打って、解散問題の「前進」を報じた。ディテールに違いはあるものの、いずれもその内容は、

「『マネジャーに追随し行き場を失った』(スポニチ)4人は後悔しており、仕事にも悪影響が出ている。中居さんらは謝罪を模索。一方の木村さんはファンのためにも、解散回避に向けて奔走している」

という筋書きである。

   特にスポーツニッポンは、木村さんがジャニー喜多川社長やメリー喜多川副社長に電話で直接、グループの解散回避を求めたことを大きく伝えている。3人以外知り得ないはずの話の内容も、かなり詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中