ワタミ、コメ卸大手の神明HDから出資受け入れを検討

印刷

   ワタミが、コメ卸大手の神明ホールディング(HD)からの出資受け入れを検討していることがわかった。2016年1月18日、ワタミは「当社では、グループ事業再建に向けて、本件(神明HDからの出資受け入れ)も含めた他社との提携など、あらゆる可能性を検討しております」とのコメントを発表。他社との提携に向けた検討を進めていることを認めた。

   この件は、16日付で日本経済新聞が報道。「現時点において決定した事実はありません」としている。

   ワタミは、主力の居酒屋事業が低迷。2015年3月期の純損失が128億円と、2期連続の赤字に陥った。15年12月には介護事業を損保ジャパン日本興亜ホールディングスに売却するなど、財務基盤の立て直しを急いでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中