4月からの「新電気料金」はどこが得なのか 大口利用者優遇で「単身者」は要注意?

印刷

   2016年4月から電力小売りが全面自由化されるのに合わせ、新規参入者(新電力)と迎え撃つ大手電力が、一般家庭向けのサービス競争を開始した。首都圏を中心とする東京電力管内では、東京ガス、JXエネルギー、東燃ゼネラル石油などガス・石油会社だけでなく、ソフトバンク、ローソン、東急電鉄など異業種の新電力が自社商品とのセット割引を掲げ、消費者に割安感をアピール。東電も新料金プランを発表して新電力に対抗しており、新電力と大手電力の顧客争奪戦が過熱している。

   料金競争は、大別して3つの流れが絡み合う。新規参入組の独自プラン、電力会社との提携、そして、電力会社の対抗値下げ――の3つだ。

  • 新電気料金を選ぶにはシミュレーションが欠かせない
    新電気料金を選ぶにはシミュレーションが欠かせない

新電力は軒並み現行料金から大幅値下げ

   まず、首都圏で東電の最大のライバルと目される東京ガスは1月4日、申し込みの受付を開始した。電気とガスをセットで契約すると、電気代が年間で約4000~5000円安くなるという。

   大手石油元売りのJXエネルギーは「ENEOSでんき」として、KDDIと提携し、系列のガソリンスタンドでも契約できる。事前予約の「早割キャンペーン」を1月15日に開始しており、3年間で50万件が目標。料金を3段階に分け、5人家族以上の平均的なケース(40アンペア、月間使用量500キロワット時)は2年契約で現在の東電より年間約1万5000円安くなる。ただし、使用量が少ないケースは逆に高くなる場合もあるという。「エッソ」「モービル」などのブランドを展開する東燃ゼネラル石油は「myでんき」のブランドで参入した。

   電鉄系では東京急行電鉄(東急)が100%子会社「東急パワーサプライ」を設立し、東電管内で電力を供給する。一戸建て4人家族のモデルケースでは、東電に比べ年間約9400円安い。同社は東急沿線の顧客向けに「定期券とセットの割引を検討中」という。同社は提携先の発電所や電力卸市場から電力を調達し、供給する。

   コンビニ大手ではローソンが三菱商事と組み、東電管内で電力を販売する。コンビニ業界で家庭向けの電力小売りに参入するのはローソンが初めて。「まちエネ」のブランドで、関東圏約4000のローソンの店頭やインターネットで2月から申し込みの受付を始める。料金プランなどは今後、明らかにする。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中