2019年 12月 15日 (日)

松本人志「中居に謝罪助言」報道に「訴訟」も 何が彼をそこまで激怒させたのか

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「100%ウソ!久々に訴えるか!」。お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さん(51)がツイッターで吠えた。怒りの矛先は、一部で報じられた「松本人志、『解散したくないなら木村に謝れ』と中居正広に助言」というニュースだ。

   松本さんは、過去にも週刊誌の「デマ」報道に訴訟を起こしたことがある。事実無根と認められたものの、結果は敗訴。その経験から、「(週刊誌の報道は)訴えてもしゃあない」「時間の無駄」と語ったこともある。――だが、今回は見過ごすことができなかった。一体、なぜだろうか。

  • 松本さんが激怒した理由とは…
    松本さんが激怒した理由とは…

6万5000件のリツイート殺到、記事は削除される

   「100%ウソ」だと松本さんが否定したのは、小学館が運営するニュースサイト「NEWSポストセブン」が2016年1月20日に報じた記事だ。翌日発売の女性セブン(16年2月4日号)の内容を引用したもので、「松本人志『解散したくないなら木村に謝れ』と中居正広に助言」といった見出しが打たれている。

   記事の内容は、松本さんはSMAPの独立・解散を巡る騒動のなかで、中居さんに「事態は深刻。解散したくないなら木村(拓哉)に頭を下げろ」とアドバイスを送った。加熱する「解散」報道に戸惑っていた中居さんは、この助言で「さらに焦った」というものだ。

   さらに記事では、その後「独立組」の4人と騒動の発端といわれる女性マネジャーが集まり、極秘会談を開いたとも伝えている。その場で中居さんが音頭を取り、木村さんへ謝罪することを決めたというのだ。――まるで、木村さんへの謝罪の裏には「松本さんの助言があった」と言わんばかりの書きぶりだ。

   こうした報道に、松本さんは黙っていなかった。自身のツイッターに20日夜、

「『解散したくないなら木村に謝れ』って中居君にオレが助言したってニュース。。。 100%ウソ!久々に訴えるか!」

と投稿したのだ。このツイートは21日17時時点で6万5000回以上リツイートされるなど大きな注目を集め、ユーザーからは「訴えて!業界を変えて!」「訴えたら絶対勝てますよ」と松本さんを後押しするようなコメントが寄せられている。

   そして、「NEWSポストセブン」の当該記事は、その後削除されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中