2019年 9月 19日 (木)

小島瑠璃子、番組出演本数トップでも「貯金ゼロ」 芸能事務所「固定給」の知られざる実態

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   今やテレビでその顔を見ない日は無い超売れっ子タレント小島瑠璃子さん(22)。かなり稼いでいると思われているが、生活は厳しく、買いたいものも全然買えず、「月々の貯金はゼロ」とテレビ番組で打ち明けた。

   所属事務所ホリプロのギャラの支払いは給料制になっていて、何本テレビに出ても、睡眠を削って仕事を頑張っても受取額は同じなのだという。

  • 実家で生活していた高校時代は少ない給料を1円も使わず全部貯金していた。(写真は2014年10月撮影)
    実家で生活していた高校時代は少ない給料を1円も使わず全部貯金していた。(写真は2014年10月撮影)

JOY「忙しくても15万円。アパレル勤務のほうが給料高かった」

   ニホンモニターが調査した2015年1月~11月のテレビ番組出演数「2015タレント番組出演本数ランキング」によれば、小島さんは女性でトップの429本。全体では1位が国分太一さん(41)で、小島さんは7位に食い込む。

   そんな超売れっ子の小島さんがモデルのJOYさん(30)とタレントの菊地亜美さん(25)と2016年1月24日放送のフジテレビ系トーク番組「ボクらの時代」に出演した。収入の話になると、3人全員が固定給(給料制)だということが分かった。小島さんと菊池さんは、売れっ子芸能人になれば凄いお金持ちになれると思っていたけれど、自分たちは同じ年齢のOLよりはもらっている程度で、給料は決して高くない、と口を揃えた。どんなにテレビ番組に出ても、睡眠を削って仕事をしても固定給だから受取金額は同じ、というのだ。

   JOYさんが、

「貯金はできてる?」

と聞くと、小島さんは小さな声で「ゼロ」と答えた。本来は貯金をするタイプで、芸能界にデビューをした高校3年間はとても少ない給料を1円も使わずにコツコツ貯めていた。高校を卒業して一人暮らしを始めてからは給料だけでは生活できず、その貯金を取り崩して生活した。小島さんは、

「今は切り崩してはいないけれど、月々貯金するお金はゼロです。買いたいものを何でも買えます、という状況では全然ない」

と語った。JOYさんが、自分も小島さんと同じくらいテレビに出ていた時期があり、すごく忙しかったけれど、

「給料が月15万円でしたからね。事務所がケチということではなく、そういう契約をしていた。その前にアパレルに勤めていたけど、そのほうが(給料は)高かった」

という自身の裏話をした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中