世界水泳、2021年は福岡で開催 01年以来2回目

印刷

   国際水泳連盟(FINA)は2016年1月31日にハンガリーのブダペストで開いた理事会で、21年の19回世界水泳選手権大会を福岡市で開くことを決めた。日本での開催は、アジア初だった01年の福岡市以来、20年ぶり2回目。理事会では高島宗一郎市長や1988年のソウル五輪金メダリストでもある鈴木大地・スポーツ庁長官がプレゼンテーションを行い、コンパクトな大会をアピールした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中