1冊6万円の解読不能本「亞書」 国会図書館が版元に「代償金」の返還求める

印刷

   ギリシャ文字やラテン文字がランダムに打ち込まれただけの高額本「亞書」が国会図書館に納本されていた問題で、同図書館は2月2日、発売元の「りすの書房」(東京都墨田区)に本を返却し、支払った代償金136万円の返還を求めると発表した。

   「亞書」は1冊6万4800円(税込)で、15年3月から78冊納本された。同図書館はそのうち42冊分の136万1460円をりすの書房に支払った。しかし、解読不能な内容で後に販売サイトも閉鎖されたため、同図書館は「納入義務の対象にはあたらない」と判断した。

   国立国会図書館法は国内で発行された出版物の納入を義務づけており、通常、定価の5割と送料を代償金として出版社に支払う。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中