2019年 11月 16日 (土)

家賃60万円に運転手付き車、銀座通い 清原和博容疑者にタニマチの影が...

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   覚醒剤事件で逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)は、収入がないのに「優雅な生活」をしていたと報じられている。その背景には、野球選手を取り巻く交友関係があったらしい。

   警視庁が強制捜査に踏み切ったとき、清原和博容疑者は、東京都港区のマンスリーマンション最上階14階の部屋にいた。部屋は、家賃約60万円とされ、目の前には東京タワーも立っている。

  • ブログでは前向きの姿勢を見せたが…(現在は削除)
    ブログでは前向きの姿勢を見せたが…(現在は削除)

収入がなく、稼いだ金も底を突いていた?

   清原容疑者は、週刊文春が14年3月に薬物疑惑を報じてから、解説者やタレントの仕事が激減していたと伝えられている。しかし、外出するときは、運転手付きの車に乗り、金回りは悪くなかったようだ。

   その理由について、日テレ系情報番組「スッキリ!!」は、2016年2月4日の放送で、清原容疑者が慕う人の知人の話を紹介した。それによると、清原容疑者は、常に仕事を探す収入がない状態で、現役時代に稼いだお金も底を突いていた。

   そんな清原容疑者の面倒を見ていたのが、タニマチの支援者だったというのだ。清原容疑者は、この支援者から高級外車を買ってもらったこともあったという。

   銀座の高級クラブにも頻繁に出かけ、報道によると、一晩で100~200万円を注ぎ込むこともあったという。真偽はよく分からないが、逮捕の直前までクラブのホステスと一緒に自宅にいたとも一部で報じられている。

   「スッキリ!!」では、清原容疑者が薬物の疑いをかけられたのは、現役時代にさかのぼるとした。真相は不明だが、清原容疑者は、オリックス時代の06年、警察から覚醒剤事件の捜査線上に浮かんだという。

   同僚だった選手が覚醒剤使用で逮捕されたことがきっかけだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中