2019年 11月 20日 (水)

プロ野球やめたら「サラリーマン」が急上昇 若手選手の意識が変わった

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球12球団の若手選手を対象に行ったアンケートで、引退後の進路に「一般企業の会社員」を挙げた選手が60%を超えて3位に急浮上した。2007年に調査を始めたが、これまでで最多。若手選手の意識に変化が生じているようだ。

   調査は日本野球機構(NPB)が行った「セカンドキャリアに関するアンケート」で、今回で9回目。2015年10月に宮崎県でのフェニックスリーグに参加した若手238人を対象に無記名で実施した。平均年齢は23.7歳で平均在籍年数3.5年、平均年俸は900万円だった。

  • コンスタントに活躍できるプロ野球選手は一握りにすぎない
    コンスタントに活躍できるプロ野球選手は一握りにすぎない

「野球指導者」に次いで3位

   調査結果によると、引退後に不安を感じている選手は前年から3.4ポイント増の72.7%に達した。その理由のトップは「収入」(45%)、次いで「進路」(44%)で、「やりがいの喪失」(9%)などを大きく上回った。

   引退後の進路を15の選択肢から選ぶ設問では、「高校野球の指導者」が72%で調査開始から9年連続のトップ、2位も2年連続で「大学・社会人野球指導者」(64%)だった。一方、過去7位が最高の「一般企業の会社員」が前年の48%から63%へと急増して3位入り。4位は「スカウト・スコアラー等」(59%)、さらに「プロ野球監督・コーチ」と「アカデミー・子供の指導者」が58%で同率5位だった。

   これまでは野球関連の進路が上位を独占してきただけに、「一般企業の会社員」の突然のベストスリー入りはNPBにとっても意外だったようで、「今後研修等の必要性が高いと考えられる。注意して見守りたい」との見解を出したほどだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中