日本マクドナルド、過去最大の347億円赤字 15年12月期決算

印刷

   日本マクドナルドホールディングス(HD)は、2015年12月期決算の最終損益が347億円の赤字(前年同期は218億円の赤字)となったと、2016年2月9日に発表した。赤字は2年連続で、2001年の上場以来、過去最大を更新した。

   売上高は1894億円で、前年同期と比べて14.8%減と大きく減らした。本業のもうけを示す営業損益が252億円の赤字(前年は67億円の赤字)だった。

   14年夏に発覚した期限切れ鶏肉の使用問題や15年1月の異物混入問題などの影響で客足が遠のき、業績が悪化した。同社は不採算店の大量閉店などで事業の立て直しを急いでいる。店舗の改装費用や宣伝費もかさみ、赤字がさらに増えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中