アニメ脚本家・両澤千晶さんが56歳で死去 「ガンダムSEED」など

印刷

   「機動戦士ガンダムSEED」や「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」などを手がけたアニメ脚本家の両澤千晶(もろさわ・ちあき)さんが2016年2月19日、大動脈剥離のため死去した。56歳だった。

   サンライズが運営するガンダム情報の公式サイト「ガンダム・インフォ」で22日、発表された。葬儀日程には触れず、「心よりご冥福をお祈りいたします」としている。

   両澤さんの夫は、アニメ監督の福田己津央(ふくだ・みつお)さん。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中