2022年 11月 29日 (火)

日本にも「賞味期限切れ」食品の格安店あった!「食品ロス」の切り札が広まらない理由とは

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   賞味期限の切れた食品を「格安」で――。食品廃棄量の削減を目的に、「廃棄品」を販売するスーパーマーケットが海外に登場し、日本のネットユーザーからも大きな注目を集めている。

   年間の食品廃棄量が642万トンにも達する日本。いわゆる「食品ロス」問題の解決に向け、ネットでは「国内でも解禁すべき」といった声が飛び交っているが、消費者庁は「賞味期限切れの商品を販売することは、販売者として適切でない行為」として、自治体や保健所の指導対象だと説明する。しかし、すでに日本でも「期限切れ食品」を販売している店があった。

  • 海外で話題の「激安スーパー」、実は東京の下町に…
    海外で話題の「激安スーパー」、実は東京の下町に…
  • 海外で話題の「激安スーパー」、実は東京の下町に…

デンマークでは大臣出席でオープンセレモニー

   デンマークのコペンハーゲンに2016年2月22日にオープンした「We Food(ウィー・フード)」。賞味期限が過ぎた商品や見た目の悪い生鮮食品など、他のスーパーでは販売できない商品を扱う「廃棄品専門スーパー」だ。地元の食品会社や小売業者から廃棄品を無償で仕入れ、通常価格より30~50%割り引いた価格で販売している。

   ウィー・フードは地元の慈善団体とNGO団体が共同で運営する非営利事業で、食品廃棄量の削減を目的としている。スタッフは全てボランティアで、利益は飢餓に苦しむ国への支援事業に使われる。地元紙「The Copenhagen Post(コペンハーゲン・ポスト)」によると、22日のオープン時にはデンマークの食品・環境大臣も出席し、この活動を「食品廃棄問題を解決する大きな一歩」と歓迎したという。

   消費者は通常よりも安い価格で商品を購入できる上に、食品廃棄量の削減にもつながる――。まさに一石二鳥といえるこの取り組みに、日本のネットユーザーも大きな注目と期待を寄せている。

   ウィー・フードの開店を取り上げた27日の国内ニュースサイトの記事は、29日14時までにフェイスブックで1万5000回以上のシェア数を記録。ツイッターを見ても、

「このような流れは今後日本でも広がるのではないかな。もったいないの国として」
「素晴らしい!日本にも出来たら嬉しいな」
「日本でもやればいいのに。賞味期限切れは全然食べれるし食品にもアウトレット的なのあっても良いと思う」

といった声が相次いで寄せられている。

   だが、国内で賞味期限の過ぎた商品を販売することは問題ないのだろうか。消費者庁の食品表示企画課はJ-CASTニュースの取材に、

「賞味期限切れの商品を販売したからといって、ただちに罰則の対象となるわけではありません。ですが、販売者として『適切でない行為』といえますので、自治体や保健所の指導対象となります」

と答えた。また、賞味期限を過ぎた商品を販売し、購入者に食中毒などの健康被害が発生した場合、製造業者よりも販売側に大きな責任が課されるという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中