元ソフトバンク松中信彦が現役引退へ スポーツ紙各紙が報じる

印刷

   ソフトバンクを退団した松中信彦内野手(42)が現役を引退すると、スポーツ紙各紙が2016年3月1日に報じた。この日にも引退会見を行うという。

 

   松中選手は、1996年にドラフト2位でダイエーに入団し、04年に史上7人目となる3冠王に輝いた。06年のWBCでは4番を打ち、世界一に貢献した。マスコミ取材に対し、現役生活について「悔いはない」と答え、今後は野球の指導者などを考えていると話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中