2022年 5月 27日 (金)

アンジェリーナ・ジョリーの影響か? 乳がん治療で全部切除する人が急増中

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   米国では乳がんの発症率が横ばいであるにもかかわらず、乳房を両側とも切除する手術を希望する人が増えていることが、2016年2月に米医療研究所・品質調査機構(AHRQ)が発表したデータでわかった。

   女優アンジェリーナ・ジョリーさんが2013年2月に「将来の乳がん予防」のために全部切除したことが話題になったが、こうした手術が広がる背景には、乳房再建技術の発達と、彼女と同様に「不安を抱えるよりは思い切って...」という患者自身の意識変化があるようだ。

  • 見た目が変わらない乳房の再建手術
    見た目が変わらない乳房の再建手術
  • 見た目が変わらない乳房の再建手術

後で何度も検査するたびに不安になるよりは...

   AHRQの発表によると、乳房温存手術も普及しているにもかかわらず、乳房切除手術を受ける患者の割合が、2005年から2013年までに36%増えた。健常人も含めた女性10万人あたりでいうと66人から90人に増加した。中でも両側乳房手術は10万人あたり9人から30人へと3倍以上に急増した。

   「アンジェリーナ・ジョリー・ショック」のあった2013年には、両側切除が切除全体の3分の1を占めた。がんのないもう片側まで取ってしまう人が多いのだ。また、ジョリーさんのように遺伝的なリスクのある女性で、がんがなくても予防的に両側を切除するケースが10万人あたり2人から4人に倍増した。

   米の専門家によると、乳房温存手術と切除手術では生存率はほぼ同じだ。それでも乳房切除を選択する人が増えているのはなぜだろうか。米ウィンスロップ大学病院のフランク・モンテレオーネ医師はこう説明する。

「乳房切除の必要がなくても、後で何度もマンモグラフィーや生体検査を受け、そのたびに不安になるよりは、切除してしまう方が安心できると考える女性は多くなりました。乳房再建技術が向上していますから」
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中