2018年 8月 15日 (水)

志賀原発直下の断層は「活断層」 規制委調査団が最終判断

印刷

   原子力規制委員会の有識者調査団は2016年3月3日、北陸電力志賀(しか)原発(石川県)の1号機原子炉建屋直下にある「S-1断層」が、将来動く可能性を否定できない活断層にあたるとする最終的な判断を示した。この日、調査団は評価書案を取りまとめ、規制委の会合で検証の上確定させる。

   規制委の新基準では、活断層の真上に原子炉建屋など原発の主要施設を設置することを禁じている。今回の評価が確定すれば、1号機は再稼働できないまま廃炉に追い込まれる可能性が高くなる。

   北陸電力の西野彰純副社長は、今回の調査結果は北陸電力側のこれまでの調査結果を踏まえておらず「到底納得できるものではない」とコメントした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中