志賀原発直下の断層は「活断層」 規制委調査団が最終判断

印刷

   原子力規制委員会の有識者調査団は2016年3月3日、北陸電力志賀(しか)原発(石川県)の1号機原子炉建屋直下にある「S-1断層」が、将来動く可能性を否定できない活断層にあたるとする最終的な判断を示した。この日、調査団は評価書案を取りまとめ、規制委の会合で検証の上確定させる。

   規制委の新基準では、活断層の真上に原子炉建屋など原発の主要施設を設置することを禁じている。今回の評価が確定すれば、1号機は再稼働できないまま廃炉に追い込まれる可能性が高くなる。

   北陸電力の西野彰純副社長は、今回の調査結果は北陸電力側のこれまでの調査結果を踏まえておらず「到底納得できるものではない」とコメントした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中