2018年 10月 23日 (火)

ホンダ「シビック」日本で復活へ 落ち込んだ国内販売を米国モデルで巻き返す

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ホンダは日本国内で2018年までにセダン型の「シビック」を復活させる。販売低迷で2010年に国内生産を打ち切ったが、北米を中心に販売を継続した海外では高い人気を誇っている。知名度のあるシビックを復活させることで、落ち込んでいる国内販売をテコ入れする狙いだ。

   八郷隆弘社長が2016年2月末に開いた記者会見で「日本でも販売を検討する」と述べ、2年以内に再投入する方針を明らかにした。

  • SUVなどの台頭でシビックの国内販売は終了していたが、中高年層には人気があった(画像はホンダ公式サイトのスクリーンショット)
    SUVなどの台頭でシビックの国内販売は終了していたが、中高年層には人気があった(画像はホンダ公式サイトのスクリーンショット)

2010年には国内生産を止める

   シビック再投入の理由として、八郷社長は「いろいろ日本の市場を見て、販売店の話を聞いても、シビッククラスのセダンを望むお客さまもいる。特に少しスポーティな先進的なセダンが望まれており、そこをしっかり提案できないか、(シビックの)販売を検討する」と説明した。

   シビックといえば、1972年に初代が発売され、ホンダの乗用車の歴史の中で最も古いブランドだ。1990年代まではハッチバック型を中心に人気となった。しかし、SUV(スポーツタイプ多目的車)などが登場すると販売は低迷し、スポーツタイプを除いて2010年に国内生産を停止し、9代目以降は国内で販売されなくなった。

   そんなシビックだが、海外では今も高い人気を誇る。北米で2015年11月に10代目としてフルモデルチェンジしたセダン型シビックは、新型プラットフォームとダウンサイジングしたターボエンジンを採用して優れた走行性能を実現。広い室内空間や内装なども評価され、最も優れた新車に贈られる2016年の「北米カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したほど。

   日本向けには、このシビックをベースに改良して販売する考えだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...