2018年 8月 22日 (水)

ホンダ「シビック」日本で復活へ 落ち込んだ国内販売を米国モデルで巻き返す

印刷

   ホンダは日本国内で2018年までにセダン型の「シビック」を復活させる。販売低迷で2010年に国内生産を打ち切ったが、北米を中心に販売を継続した海外では高い人気を誇っている。知名度のあるシビックを復活させることで、落ち込んでいる国内販売をテコ入れする狙いだ。

   八郷隆弘社長が2016年2月末に開いた記者会見で「日本でも販売を検討する」と述べ、2年以内に再投入する方針を明らかにした。

  • SUVなどの台頭でシビックの国内販売は終了していたが、中高年層には人気があった(画像はホンダ公式サイトのスクリーンショット)
    SUVなどの台頭でシビックの国内販売は終了していたが、中高年層には人気があった(画像はホンダ公式サイトのスクリーンショット)

2010年には国内生産を止める

   シビック再投入の理由として、八郷社長は「いろいろ日本の市場を見て、販売店の話を聞いても、シビッククラスのセダンを望むお客さまもいる。特に少しスポーティな先進的なセダンが望まれており、そこをしっかり提案できないか、(シビックの)販売を検討する」と説明した。

   シビックといえば、1972年に初代が発売され、ホンダの乗用車の歴史の中で最も古いブランドだ。1990年代まではハッチバック型を中心に人気となった。しかし、SUV(スポーツタイプ多目的車)などが登場すると販売は低迷し、スポーツタイプを除いて2010年に国内生産を停止し、9代目以降は国内で販売されなくなった。

   そんなシビックだが、海外では今も高い人気を誇る。北米で2015年11月に10代目としてフルモデルチェンジしたセダン型シビックは、新型プラットフォームとダウンサイジングしたターボエンジンを採用して優れた走行性能を実現。広い室内空間や内装なども評価され、最も優れた新車に贈られる2016年の「北米カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したほど。

   日本向けには、このシビックをベースに改良して販売する考えだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中