米グーグル人工知能、囲碁で初戦勝利 世界トップ棋士と対戦

印刷

   米グーグルが開発した囲碁の人工知能「アルファ碁」が2016年3月9日、世界トップのプロ棋士である韓国のイ・セドル九段(33)と対戦し、5局のうちの初戦を勝利した。コンピューターでは難しいとされた囲碁も人間に追いついた形だ。

   対戦はこの日、ソウル市内のホテルで行われた。報道によると、グーグルのスタッフがイ九段と対面し、パソコンに表示されたアルファ碁の手を盤上に打っていった。イ九段が優勢の局面もあったが、アルファ碁は、逆転して最後も押し切った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中