2018年 8月 20日 (月)

今後10年の「胃がんリスク」がすぐわかる 国立がん研がウェブ上でチェック表を公開

印刷

   国立がん研究センターは2016年3月10日、ホームページ上で複数の質問に答えていくだけで、胃がんのなりやすさを知ることができる「胃がんリスクチェック」を公開した。

   これまでも、科学的根拠にもとづく「病気リスクチェック」シリーズを公開しており、「脳卒中」「大腸がん」「がんと循環器の病気」「5つの生活習慣とがん」の4つのコンテンツがある。ぜひ、ためしてはいかが。

   「胃がんリスクチェック」の対象者は40~69歳の男女。過去20年間、約10万人のデータをもとに、喫煙や飲酒の習慣、塩分摂取頻度など聞き、今後10年間の発症リスクを確認する仕組みだ。具体的には「タバコを吸っているか」「血のつながりのある親、兄弟・姉妹で胃がんになった人がいるか」など7つの質問に答えると、性別・年齢に応じたリスク度がわかり、医療機関を受診した方がいいか、生活改善をどう進めたらよいかなどのアドバイスをもらえる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中