2021年 2月 25日 (木)

大アクビに携帯ピコピコ、答弁者の横で堂々読書 国会映像大ヒンシュク・松島元法相が読んでいた本とは

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   豪快にアクビをし、ウツラウツラと舟をこぐ。目を覚ましたかと思えば、携帯電話をピコピコいじり、読書にふける――。元法相で自民党の松島みどり衆院議員(59)の審議中の態度があまりに「ひどすぎる」としてネット上で批判が相次いでいる。

   松島氏は事務所を通じて「弁解の余地もございません。深く反省しております」との謝罪コメントを出した。

  • 周囲の目を気にせずアクビ(衆議院インターネット審議中継より)
    周囲の目を気にせずアクビ(衆議院インターネット審議中継より)
  • ガラケーは何度も登場した(衆議院インターネット審議中継より)
    ガラケーは何度も登場した(衆議院インターネット審議中継より)
  • 堂々と読書することも(衆議院インターネット審議中継より)
    堂々と読書することも(衆議院インターネット審議中継より)
  • 目をつぶったまま、この姿勢に(衆議院インターネット審議中継より)
    目をつぶったまま、この姿勢に(衆議院インターネット審議中継より)
  • 眠ってしまったようだ(衆議院インターネット審議中継より)
    眠ってしまったようだ(衆議院インターネット審議中継より)
  • 周囲の目を気にせずアクビ(衆議院インターネット審議中継より)
  • ガラケーは何度も登場した(衆議院インターネット審議中継より)
  • 堂々と読書することも(衆議院インターネット審議中継より)
  • 目をつぶったまま、この姿勢に(衆議院インターネット審議中継より)
  • 眠ってしまったようだ(衆議院インターネット審議中継より)

「喫茶店で暇つぶししとるオバハン」「税金払いたくない」

   問題となったのは、2016年3月9日の衆院外務委員会だ。席は岸田文雄外相(58)の隣。松島氏の姿は、岸田氏が答弁に立つたび国会のネット中継のカメラにしっかりと映ることになった。

   松島氏は開始直後から眠たそうな表情を浮かべ、5分後にはウトウトし始めた。疲労が溜まっていたのか、朝8時30分という開始時間が早すぎたのか。口を手で隠すこともなく、大きなアクビをすることも何度かあった。

   起きていても審議内容は上の空。約30分後には携帯電話を取り出して、ボタンをカタカタカタ...。ピンク色のガラケーはその後も度々登場し、よく見えないのか、時おり画面にじっと目を凝らす場面もあった。

   開始から1時間経った頃には、なんと本を読み始めた。岸田氏が真横で真剣に答弁しているにもかかわらず、背もたれに寄りかかりながら読書にふける。途中、熟睡状態に陥ったり、ボーっとしたりすることもあったが、「読書タイム」は中継に映っていただけでも20分以上はあったようだ。

   ネット中継には、ウトウトしたり携帯電話をいじったりする議員は他にも映っていたが、松島氏は、その中でもズバ抜けて「やりたい放題」だった。

   そのためか、この審議動画は「あまりにひどい」としてネットにあっというまに拡散。

「こんな奴らが税金で生活してるかと思うと本当に払いたくない」
「やる気ないのは判りましたので即刻議員辞めてください」
「喫茶店で暇つぶししとるオバハンか!」

などと批判が相次いだ。また、周囲が松島氏に注意しないことに対しても疑問の声が少なくなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中