2018年 10月 21日 (日)

胃がん予防の画期的な酵素を発見 日本人の半分が持つピロリ菌を抑える

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   胃の粘膜にいるピロリ菌による胃がんの発症を抑える酵素が新たに見つかり、東京大学と千葉大の合同研究チームが2016年3月15日、英科学誌「ネイチャー・マイクロバイオロジー」に発表した。

   日本人の胃がんの99%はピロリ菌が原因といわれるが、日本人の2人に1人が胃の中に持っているため、胃がん予防につながる画期的な発見だという。

   ピロリ菌が作るタンパク質が胃の細胞に侵入して「SHP2」という酵素と結びつくと、胃がんの発症を促進することが知られていた。今回、このタンパク質が「SHP1」という酵素と結びつくと、逆に発症が抑えられることがわかった。

   さらに、胃がん患者の1割はピロリ菌だけではなく、リンパ腫などの原因となるEBウイルスにも感染している。このウイルスに感染した細胞ではSHP1の量が減り、ピロリ菌が作るタンパク質が増えることもわかった。つまり、SHP1が胃がん抑制のカギを握っているわけだ。

   チームリーダーの畠山昌則・東京大学大学院教授は「このSHP1を増強する物質が見つかれば、胃がんの予防につながります」とコメントしている。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...